金属通過センサー使用事例

LMSシリーズは微小金属の通過検出に最適なセンサーです。
粉体や食品等への金属異物検出、布製品への折れ針混入検出、ネジや金属部品の供給、
排出検出に御使用下さい。
LMSシリーズはNO、NC切替、タイマー有無切替といった出力設定だけではなくケーブル長切替、
センサーヘッドサイズ切替、感度調整、相互干渉防止等の調整機能も備えています。

金属異物の検出

ホッパーなどの金属異物検出 ホッパーやタンクに注入した樹脂、食品、液体などに金属異物が混入していないか確認することができます。

ネジフィーダーでの供給確認

ネジの検出

ネジフィーダーからネジが確実に供給されているのを確認することができます。

部品のカウント

電子部品のカウント ネジ、ナット、ヒューズ等の電子部品のカウントを行う事が出来ます。

シリンダーロッドの通過検出

シリンダーロッドの通過検出 シリンダーロッドの通過を検出できますので、工程が行われた確認や回数のカウントができます。

金属異物の検出
LMS-D34-1(特殊用途タイプ)

LMS-D34-1はLMS Sereisno中でも『リサイクル業界の声をカタチ』にした、
用途特化型センサーです。
上記のように、樹脂ペレットに混入している金属異物を容易に検出することが可能です。

その他の事例

・布製品への折れ針混入検出
・切り粉、金属部品の供給、排出検出

コメントは受け付けていません。