微小容量検出仕様 使用事例

最小10φのパイプから平面まで取り付け可能です

タンク内の容量確認

タンク内液体容量検出

タンク外側での容量計測


従来製品と同じように、ガラス管や非金属ゲージ管などの中身の増減を監視でき、高価な薬品等でも無駄なく使用できます。

また中身に非接触で監視できるため、液体を汚すことや、電極が腐敗する心配がなく、 長寿命で使用できるためコストダウンにも効果的です。

ディスペンサーの容量監視

ディスペンサーの残量検出

検出断面図

従来サイズより大幅な小型化を実現できたため、ビーカー内の容量や、図のようなディスペンサー(定量吐出装置)等の容量変化まで正確に確認できます。

カートリッジホルダを用意してシリンジを詰め替えるようにすると、センサーの付け替えが不要となり便利にご使用いただけます。

検出値として数10fF(0.01pF)単位の液体変化が検出可能です。

コメントは受け付けていません。