川勝 健吾 相談役 「旭日単光章」受章

4月23日、令和4年春の叙勲・褒章において、相談役の川勝 健吾さんが

「旭日単光章」を受章されました。勲章は、国及び地方公共団体の公務又は公共的な業務に長年にわたり従事して功労を積み重ね、成績を挙げた者に授与されるものです。

川勝健吾さんは、南丹高校のテクニカル工学系列の創設に顕著な功労、成績により表彰に相当するとして受章されました。特に「旭日単光章」は経済社会の発展に対する寄与が、極めて大きい企業で顕著な功績を挙げた者に対して授与されます。         

5月23日、京都公館で行われた伝達式において京都府知事から勲章及び勲記が授与されました。

川勝 健吾 さんよりご挨拶

約12年前に南丹高校に工業学科の新設を亀岡市、南丹市及び京丹波町の工業事業所に呼びかけ、京都府教育課にお願いし南丹高校テクニカル工学系列の設立を平成27年に実現しました。  工業学科の支援企業として「京都中部ものづくり教育パートナー企業(現在約60社)を作り南丹高校テクニカル工学系列を応援しています。

これが評価され受章に至ったと理解しています。

一人の力では無理でも多くの人に呼びかけ協力すれば出来ると思っています。

カテゴリー: ニュースリリース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です